矯正治療

成人男性の叢生を矯正治療した事例です。叢生とは、顎のスペース不足や歯の大きさのために、歯が重なって生えている状態のことです。かみ合わせに支障が生じている場合もあります。治療には、マルチブラケットなどの矯正装置を使用するほか、状況によって抜歯を行う場合もあります。ここでは、成人男性の叢生の治療例を紹介します。

治療前後の各部の写真比較です。

正面から見た治療前後の写真です。特に下あごの叢生が解消し、非常にきれいな歯並びに改善されていることがわかります。

保定(ほてい)とは、矯正した歯が基の位置に戻らないように固定する処置のことです。写真のような保定装置を使用します。

インビザライン(invisalign)とは透明ポリマーでできたマウスピース型の矯正装置を使用した矯正治療法です。ブラケット(支持具)やワイヤーなどを使用せず、自分で取り外しできるといった特徴があります。詳しくはお問い合わせください。