矯正治療

このお子様は、10歳の女児でした。 咬合誘導は、歯の生え変わりである、7~12歳頃に治療が始まります。
※状況によって、より早い時期からの治療が有効であることがあります。お子様の歯並び・かみ合わせについては、7歳まで待たず、今すぐご相談下さい。

小児歯科では、歯の生え代わりの時期には、X線による診査などから総合的に判断し、大人の歯の本数や、将来の歯並び・かみ合わせを見据えた治療計画を立案します。このお子様では、将来、大人の歯の生えるスペースが不足し、健全な歯並びの育成に支障が生じると、予測されました。

治療前のお口の中の写真です。治療計画の立案過程では、このほかに歯型の模型や、身長の変化の具合などを考慮し、咬合誘導による「歯並び・かみ合わせの健全な発育」が可能であるかを、判断します。咬合誘導をご希望の場合でも、すでに歯並び・かみ合わせが悪くなってしまっており、矯正歯科治療をお勧めすることがあります。ご了承下さい。

咬合誘導では、立案した治療計画に従い、お口の中に装置を装着し、経過を観察しながら、装置の調整を行います。

治療一年後のお口の中です。

治療前後の比較です。顎の発育を生かすことで、自然な歯並び・かみ合わせを獲得することが出来ました。

悪くなってしまった歯並び・かみ合わせを治療する場合の矯正歯科治療との比較です。 より早く、適切な治療を受けることは、お子様の負担とご両親様の負担を、最小限とする可能性を拡大します。